生産農家のご紹介一覧へ

上内 一郎さん

今回は、農家歴65年以上、家族3人で芋つくりを行っている上内さんにインタビュー。

特に”苗作り”にはこだわっている

芋つくりに対するこだわりはたくさんあるが、特に”苗つくり”にこだわっている。


何事も早め早めに行うのが大事。遅くとも12月初旬には苗の植え付けを 行い、(一般的には12月中旬、小鶴農園は1月初旬)差し苗を行ったら 乾燥しないようにすぐに追肥を行う。芋の苗にとって寒暖差は悪影響の為、 早朝にはビニルハウスの苗床に出向き、天候・外気温を常に意識しながら ビニルハウスの開度を調節している。


苗の扱いにはとても気をつけていると語ってくれました。


からいものなえと語りながら育てていきたい

「これが仕事じゃっでや!これが本業でこれで食っていく!」と覚悟を決めて常につくり続ける上内さん。


2016年には、二男(昭二さん)も農業をしたいとの想いで、東京で設計施工技師をしていたが脱サラし、一緒に農業を行っている。


「息子の農家としての成長と、からいもの成長を、常にからいもの苗と語りながら育てていきたい」と嬉しそうに語ってくれました。


生産農家のご紹介一覧へ

ページの先頭へ